FX自動売買の税金と確定申告まとめ!負けている人も申告すると得します!

FX自動取引,税金概要

ほったらかし太郎です!

今日はお勉強の時間!
お題はFXトレーダーと
確定申告について!(σ・ω・)σ

脱税はダメダメ!
楽しく稼いで正しく節税して
お国に貢献しましょうね!

1 FXトレーダーは全員必須の確定申告!

先に結論から述べますと、
裁量取引でも自動取引でも
FXトレーダーは確定申告が必要です!

「確定申告」とは何か!?

それは、
1月1日から12月31日までの1年間に得た
A.すべての所得の額 
そして
B.Aに対する所得税額 
を計算した
X.確定申告書

税務署へ提出して、
納税額の過不足を精算すること、
それが「確定申告」です!

通常、会社員やら収入のない主婦は確定申告はいりません&やりません。

【理由】
会社員:会社が源泉徴収&年末調整してくれるので不要
主婦:専業主婦だと収入ないので不要

なのですが(´・ω・`)

会社員でも主婦でもFXトレーダーなら話は別!

FXには、株式(証券取引)のような
「源泉徴収あり特定口座」
という制度がありません。

なので、一定以上の利益が出た場合は
自ら確定申告を行って、必要な納税額を
算出して税金を納める必要があります。
(これ怠ると脱税です(´・ω・`)ショボーン)

 

1.1 FXトレーダーのうち確定申告が必要な人は?

確定申告をする必要があるのは以下の条件に該当する人です(σ・ω・)σ

職業 対象
自営業・自由業 FXなどで得た所得が38万円を超える場合
主婦・学生
会社員 給与所得や退職金以外の所得(FX含む)が20万円を超える場合
年金生活者 公的年金等に係る雑所得以外の所得(FX含む)が20万円を超える場合

※ちなみに給与所得が年2000万円を超える会社員はFXやってなくても確定申告が必要です。
※ちなみに公的年金等の収入金額が400万円を超える人はFXやってなくても確定申告が必要です。

 

1.2 FX(国内証券会社)の税金は一律20.315%

FX自動取引,税金概要

FXトレードで得られた収入は、10種類ある所得の種類のうち「雑所得」に分類されます。
そして課税方法は上図の「分離課税」が適用されます。
そしてFX分離課税の中でも、自分で確定申告する必要がある「申告分離課税」に分類されます。

同じ分離課税でも、一定の税率で自動的に所得税が徴収される源泉分離課税(預貯金利子など)とは別モノです。

FXの利益に対してかかる税率は、算出した所得に対して一律20.315%(所得税15.315%・住民税5%)です。

所得税・住民税合計の税率はもともと20%でした。
ですが2013年~2037年は、所得税に対して
+2.1%の復興特別所得税が課されています。

なので期間中の税率は所得税・住民税合計で20.315%、という訳です。

ちなみに!

 

1.3 海外FX証券会社は総合課税です!

同じFXトレードでも、海外FX総合課税での対象!

総合課税は、他の所得と合算した後に税金が課されます。
他の所得というは例えば以下の通りです。

例1:個人事業主の事業所得
例2:会社員の給与所得

海外FX業者は日本の金融庁の認可を受けていません。
なので先に紹介した国内FXと税金の計算方法が違います。
※国税庁曰く金融商品取引法に規定する店頭デリバティブ取引に該当しないので総合課税、だそうです。

ということで総合課税(所得税)!
現在は7段階の累進課税となっており、
税率は以下の通りです。

課税所得金額  税率
20万円超~195万円以下 15%(所得税5%+住民税10%)
195万円超~330万円以下 20%(所得税10%+住民税10%)
330万円超~695万円以下 30%( 所得税20%+住民税10%)
695万円超~900万円以下 33%( 所得税23%+住民税10%)
900万円超~1,800万円以下 43%( 所得税33%+住民税10%)
1,800万円超~4,000万円以下 50%(所得税40%+住民税10%)
4,000万円超 55%(所得税45%+住民税10%)

つまり、海外FX総合課税利益が大きくなるほど税金が高くなる、です。

ちなみに海外FXの場合、後述する損失の繰越控除は認められていません。
これは結構痛いですがルールなので仕方ない!

1.3.1 海外FXの方が「年間利益420万円以下」なら税金が安い

ざっと計算すると、420万円以下の利益なら海外FXの方が納める税金を安くできます。
420万円以上稼ぐなら国内FXのほうが安くなります。
 ※「必要経費」がゼロ&FX以外に収入がない場合

 

2 【節税】海外FXで必要経費にできるものは?

FX取引による利益を上げるための経費を計上することができます。

2.1 必ず落とせる必要経費

以下はほぼ100%全額必要経費になります。
プライベートの食事などは含むことができません。

  • FX関連の書籍
  • FXのセミナー参加代、勉強会参加費
  • そのセミナー会場までの交通費

2.2 一部が認められる必要経費

例えばプライベートと併用している物の場合、
5割程のみ経費として認められます。

  • パソコン・携帯端末の(使用)料金
  • インターネット代(プロバイダ契約など)
  • 椅子、デスク、棚、照明代などの周辺機材の料金
  • 海外FX取引を行うための部屋の賃料(自宅であれば使用スペースで按分計算)

細かい部分は念のため税務署の人に確認したほうが良いでしょう!

 

3 国内FXなら損益通算すべし!

負けている時は「繰越控除」で損失を3年間繰り越せます。

例えばある1年間のトレード成果がマイナスの場合も「これだけ負けました」と確定申告しておきましょう。
その来年以降、利益が出た場合に節税効果を発揮できるのが「繰越控除」です。

繰越控除を使えば、3年前までの損失額と当年に出た利益を相殺することが可能です。
その結果、納税額が少なく済みます。

FX自動取引,確定申告,繰越控除

例えば2020年に300万円の損失が出た場合に確定申告したとします。

すると2021年、2022年、2023年にそれぞれ100万円ずつ利益が出たとしても、それぞれ2020年分の損失と相殺されます。

その結果2021年、2022年、2023年分の利益はゼロとみなされます。

 

4 確定申告はe-Taxが絶対オススメです!

確定申告はe-Tax(電子申告・納税システム)が絶対オススメです!

e-Tax(電子申告・納税システム)を利用すれば、確定申告書の作成から提出まですべてウェブ上で完結します。

海外fx確定申告:国税庁の確定申告書等作成コーナー

ざっくり説明すると、

1.国税庁サイトの「確定申告書等作成コーナー」で、申告書決算書収支内訳書等のデータ作成をする
2.作成したデータを「書面提出(郵送or持参)」する(郵送が楽でオススメ!)

という感じです。

4.1 e-Tax確定申告の準備!

e-Tax(電子申告・納税システム)を利用するために、事前にマイナンバーカード(個人番号カード )を取得しておきましょう!

FX自動取引確定申告のやり方

 

4.2 FXトレーダーの確定申告に必要な書類

確定申告に必要な書類は以下の通りです!

税務署・国税庁のウェブサイトなどで取得する書類

  • 申告書B第一表・第二表
  • 申告書第三表(分離課税用)
  • 先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書
  • 申告書付表(先物取引に係る繰越損失用)(繰越控除を受ける場合)

自分で用意する書類

  • FX会社から発行される「年間損益報告書」(FX会社によって名称は異なります)
  • 経費の領収書
  • 源泉徴収票(会社員の場合)

 

―――ということで今回はお勉強の時間!
お題はFXトレーダーと
確定申告についてでした!(σ・ω・)σ

脱税はダメダメ!
楽しく稼いで正しく節税して
お国に貢献しましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です