【FX自動取引作戦会議】キャノン君・タンク君撤退!

FX自動取引,体験談,ブログ

ほったらかし太郎です。

1.キャノン君・タンク君、撤退します!

新型コロナの影響で為替のボラティリティが
とても高くなっているので、キャノン君と
タンク君を稼働停止します(σ・ω・)σ

キャノン君とタンク君の通算損益は
種銭に対して微々たるプラスでした。

稼働を続けたら利益がもっと出るかもですが、
ほったらかし太郎は思うところあり撤退します。
頭と尻尾はくれてやれの精神です。

当面は残るガソダム君一本で運用を
続けていきます!ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ☆

 

 

2.どうして稼働停止するのか!?

今回なぜキャノン君とタンク君を
稼働停止するのかというと、それは
これらがマム(MAM)口座運用だから。

MAM口座ではほったらかし太郎自身が
リスクコントロールできないので、
キャノン君&タンク君は徹底です。

 

 

3.マム口座って何?【徹底解説】

FXの世界には、「マム(MAM)口座」
という言葉があるのをご存知でしょうか?

「成績の良いトレーダーの結果だけを
自分の口座に取り入れちゃえ」を
実現したものがマム口座です。

マム口座とは

マム口座のマムとは、
MAM(Multi Account Manager)
のことで、一般にマネージドアカウント
と呼ばれる種類のものです。

投資運用のプロのトレード内容だけを、
自分のマム口座に反映させることで
損益を得る運用方法です。

つまり自分ではトレードをせず、
自分の資金を他のトレーダーに
運用してもらいます。

マム口座の利点とは?

・親口座に資金を預けません

マネージドアカウントでは、
親口座(マネーマネージャー)と
子口座(自分のマム口座)を紐付けて、
親口座に資金を預けません。

親口座のトレード内容だけを
自分の口座へ反映させます。

つまり資金を持ち逃げされたり、
悪用される心配がありません。

うん、安心が多いのは良いことです。

しかしながら・・・

マム口座のコストとは?

・15%〜30%の手数料がかかる

利益が出た場合、その利益の15%〜30%を、
マネーマネージャーに報酬(=手数料)として
支払う必要があります。

損失となった場合は手数料はありません。

然るべきコストがかかる、そして
損失となった場合は手数料がない、
これは良いです。

ではありますが(σ・ω・)σ

マム口座の隠れたリスクとは?

マム口座で利益が出たとき、
マネーマネージャーは自分の
口座分以上に利益が出ます。
(子口座からの手数料で)

しかしながら損失が出たときは、
マネーマネージャーは自分の
口座分しか損失を抱えません。
(子口座の損は子口座持ち主の損)

人任せで放ったらかしで儲かる。
これは実に有難いことです。

ですが自分の資産を守るべくの
リスクマネジメント・コントロールまで
人任せにしてしまうのは危ない

ほったらかし太郎はそう考えました。

例えばガソダム君は
自動取引ツールを使った取引なので、
取引ロットの設定やらシステムのOn/Offを
自分で操作する事ができます。

つまりリスクコントロールを自分の考えで、
そして自分の責任で行う事が可能です。

それに対してキャノン君とタンク君の
マム口座の場合・・・
ポジションの有無はリアルタイムで認識できます。

できますが、どんな考えに基づいた何が
いつ動いているのか止まっているのか
分からない(´・ω・`)

つまりリスクのコントロールや
マネージメントの状況が
全く見えないです。

「リスクマネジメントやコントロールは
自分の手から離してはいけない
(だって自分のお金だもん)」

がほったらかし太郎のお好みです。

このマネジメントやらコントロールを
手放して盲信しまうと、何かがあったときに
「信じてたのに!(うらみつらみ)」
という論理のない、非合理的なやり取りを
するハメになります。

 

 

4.キャノン君・タンク君、撤退します!

以上の考察から・・・

新型コロナの影響で為替のボラティリティが
とても高くなっているので、キャノン君と
タンク君を稼働停止します(σ・ω・)σ

稼げるツールや仕組みを利用するのは大好きです。

しかしながら、
「リスクマネジメントやコントロールは
自分の手から離してはいけない」
がほったらかし太郎のお好みです。

ちなみにキャノン君とタンク君の通算損益は
種銭に対して微々たるプラスでした。

稼働を続けたら利益がもっと出るかもですが、
リスクマネジメントの観点で撤退します!
頭と尻尾はくれてやれの精神です。

ということで、
当面は残るガソダム君一本で運用を
続けていきます!ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です